宅建の試験勉強※通信講座でも合格できるおすすめは?

ユーキャンの通信講座で宅建の試験勉強をしました。やはりテレビでも有名ですし、通う必要もなく購入した1年目と翌年までサポートがつくという事で手厚い割には料金も魅力だったので選びました。

教材もたくさんあり、初めは量が多すぎて本当にやりきれるかという不安はありました。DVDも入っていましたが、それは最後まで見る機会はなかったのも正直なところです。

テキストは段階やジャンル別に分かれていて、文章がメインではありましたがとても分かりやすい内容でした。私自身、不動産業界は初めてであり、専門用語もわからない状態でスタートしましたが、何度も読み直すうちに理解もできました。

過去問題も教材として含まれており、こちらは全ての工程が終了してからの最終テスト的に使われます。回答はユーキャン側しか持っておらず、添削してもらうテキストとなります。これで添削してもらい、どこまで理解できているか、今年度試験を受けても大丈夫か等の事が理解できる他、ユーキャンの添削したかたからのアドバイスが書かれていて、どう間違えたのかというのもわかるようになっています。

1年目はその添削でも低めの点数でしたが、場慣れ等する為に試験に臨みました。しかし不合格で全く点数も足りない状態であり、その旨の報告も入れて翌年までのサポートが再度始まります。

2年目ともあって、色々理解してきており、苦手なジャンルも自身で把握していたので重点的にその部分を何度も繰り返し学習しました。ユーキャンの教材の中には予定表も入っていて、その通りに進めてみては?という提案もありますが、私が感じたのは初心者で全く不動産の事がわからない状態では、その時間割では少し足りないように思いました。

2年目は余裕が出てきますので比較的、時間割通りに進められるかと思います。

2年目は過去問題も試験日ギリギリまで繰り返し毎日2回は行いました。1点足りずで不合格でしたが、ここまで近づいたのでやり抜こうと思い、ユーキャンのサポート期間は過ぎましたが、わかりやすい素晴らしい教材をもとに、猛勉強をしました。

3年目にようやく合格点より3点多くで合格しました。

書店でも色々教材を見てきましたが、ユーキャンのものの方がわかりやすく、理解がしやすいと思いました。とても使いやすかったですし、今でも教材は保管しており、時々専門的な事や基礎を振り返る時に見たりしています。

年数はかかりましたが、学歴のない素人の私でも、通信講座で本当に合格できる事がわかり、両親にも会社にも良い証明となりました。

通信講座はたくさんありますが、こちらのランキングサイトを参考に選びました。まずは資料請求からですね。

コンプレックスは、毛深さと体型の上下バランス。1つは全身脱毛して解消済み!

体型の上下バランスと猫背と首の位置が私の大きな体のコンプレックスです。その次にコンプレックスだった毛深さは全身脱毛に通ってやっと解消されました。(私が通ったのは浜松市の恋肌です)

私は長身で身長は166㎝です。今は少し体重が増えましたが、昔は体重も52㎏と比較的スタイルは良い方だったと思います。しかし、昔から下半身の太さがコンプレックスでした。上半身は細く鎖骨も綺麗に出るスタイルで、胸も大きくはないのですが、特にそこは気にすることもなかったです。

しかし、腰から下は全体的に太く、足首もふくらはぎからストンと下に同じに太さで落ちる感じのサイズでした。決して全身を見ると太っているわけではないのですが、下半身だけ見ると太っています。上半身とのバランスが悪いので、体のラインが出るミニのスカートを履くと特にそのアンバランス感が強調されている気がして、ミニを着ることは今も昔もないです。

下半身だけを鍛えてシェイプアップしようとウオーキングやスクワットなど試みてみましたが、下半身だけを細くするのは難しく、全体的に体重が落ちてしまい下半身よりも顔から腰回りまでの肉が落ち、シワが増えたりして老けた感じになってしまいました。

下半身が太いと足がただでさえ短いのに、もっと足が短く見えて足の短い日本人体型が強調される感じも嫌です。まだ上半身と下半身のバランスが取れていて、上下のバランスが均等にあれば多少太っていても気にはならないのですが、とにかく上下のバランスが悪いので痩せていてもスタイルが良い印象がないのです。とにかく昔から体のバランスの悪さにコンプレックスを感じでいます。

また、長身のせいか猫背もあるように思います。体の力を抜くと首だけが前に飛び出す感じになるので、写真などを取るのもあまり好きではありません。背筋を伸ばそうと意識しているときは良いのですが、とにかく元々の猫背なので、背筋を伸ばした状態でも首だけは前に出ています。うまく自然に背筋と頭の位置を真っ直ぐに合わせて立ちたいのですが、そこのバランスが上手く取れないこともコンプレックスであります。