メタルラックに収納するのがお気に入りになった

約100冊ほどのマンガの単行本を収納するための本棚を購入しようとホームセンターで購入したのがメタルラックでした。
最初は木製の本棚を買おうと思ったのですが、今住んでいる賃貸を引っ越す予定があったので一度分解し荷物を小さくできるメタルラックを買う事に決めました。
このメタルラックですが少し変わっているのが床と天井に突っ張らせて棚を固定できるのです。
最初は緩んだりして倒れてこないか心配だったのですが、組み立ててから2回ほど地震に遭ってもピクリともしませんでした。
また、メタルラックにも関わらず棚板は鉄板1枚で出来ているので本を置いても間から落ちたり、自重で押し付けられてフレームの跡が残ったりもしません。
収納もバツグンで、棚板を移動できるので一番下に重い辞書や大判本、その上にコミック、一番上にフィギュアを置いています。
組み立てに関しては私でも説明書を読んで組み立てられました。1つ注意をするなら横板に裏表があり、それが格子部分の交差具合でしか判別できないので注意する必要があります。
私は一度そこを失敗して棚板を嵌めれなくなりましたが、分解しやすいのもアルミラックの長所で一度元の状態に戻してから注意深く組み立て直したら完成しました。
個人的には組み立てよりも突っ張り棒を天井に突っ張らせる工程の方が大変でした、身長が低い上に脚立が無かったので椅子を持ってきてそれの上で背伸びをしてやっと調節用のつまみに手が届く程度でした。
それと突っ張って支えるためどうしても床に跡が残ってしまいますし、私の家は床が畳だったせいか少し固定しにくかったです。
気になる方は床に木の板などを敷いて直接床に力が入らないようにするなどの工夫が必要です。
また、価格の方ですが私が購入した商品は8,000円程だったので「木製棚よりも安い!」とは言い切れないです。
購入を検討されている方は木製とスチール製を比較してみて、自分に合ったものを選んで買った方が後々の満足度が違ってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です